ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[450] [449] [448] [447] [446] [445] [444] [443] [442] [441] [440]

ブログ、いつの間にか一ヶ月程度もご無沙汰で申し訳ありません。。

実は、この間、オフィスの増床やら新しいビジネスの立上げやらで、忙殺してました。
万一、ひでじろうがブログを書いてないとご心配の諸氏がいらっしゃいましたら、先ずもってお詫びいたします。

「新しいビジネスの立上げ」が何であるかは、またの機会にするとして、それに伴い、「在庫のスペース」と「新しいチーム」が必要になり、
「リスクは勿論あるが、許容できる範囲と判断し、「この時代に??」という疑問を感じながらも「大英断」にした次第です。

我々のオフィスは、もともと、外人向けに建てられた住居用を使用しています。バブル最盛期の頃の「外人向け住宅」、東京がアジアの中心だった 時代、贅沢やりな造りで、東京勤務の外国人ビジネスマンが
会社の経費を毎月100万円以上も払って借りていたもの。時代は変わり、この連中がシンガポール、香港、上海などに移転し、今や当時の半分以 下の人口。従って、需要と供給のバランスは、大供給過剰。

日本のオフィスは、退出字の「現状復帰」が原則で、従って、まともな内装への投資ができず、極めて貧しい環境。従って、当社程度の組織は、 「外人用住宅」が良いように思えます。

● 最初から内装が出来ていて投資が要らない
● 然も、敷金が安い (オフィス用だと6-12ヶ月、住居用だと、2-3ヶ月)
● 坪単価も高くない (オフィス用と比べて)

「ケチ」と言われようと、身勝手と言われようと、ひでじろう、このオフィスが気に入ってます。

拍手[1回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/