ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401]
イスラエルの所謂ハイテクが始まったのは、1990年代、約20年くらいが経とうとしている。その頃、IBM, HP, Motorolaといった大企業を離れ、スタートアップを起業した20代、30代だった「若者」も今や50歳を迎える時代になってきている。

●    50歳を過ぎて職を失うと、その後の就職は基本的に出来ない

勿論、例外はあるが、基本的に皆がそう思っている。ハイテクの時代の流れは速い、時代の技術の最先端にいる者も10年単位で時代に取り残される。50歳で再就職の道を閉ざされた連中は、「コンサルタント」という「非定期労働者」となって不安定に働く羽目になる。(最も、正社員であっても成果が出なければ、どうせ首になるので、この「不安定」という言葉は、「非定期労働者」に限った話ではないのだが、)

一方で、50歳は、どう考えても若すぎる。エネルギーも能力も経験も十分にもっている年代である。生活のコストも子供の教育にもお金が必要な時期でもある。

そこで、こんな計画があるらしい。
●    50歳過ぎのハイテク野郎たちを再教育しよう
●    6ヶ月の期間で、最先端に技術を教え込む
●    そして、ハイテク世界に戻す
●    もともと、経験も知識もある連中、多くはVP位までの経験もある
●    30代の若者にレポートしても、所得が半分になっても良いじゃないか
●    自分に楽しめる、誇りの持てる仕事をしたら良い

この話、大好きである。


拍手[1回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/