ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122]
日本のVC(ベンチャーキャピタル)の累積投資金額は、約2兆円、一年間で2、000億円から4、000億円くらいがこの数年の投資額である。イスラエルのVCの年間投資額は、1、000-4、000億円程度、ほぼ同じレベルのベンチャー投資が、行われていることになる。むしろ、イスラエルの場合、投資先が、ハイテクに限られ、日本の場合、レストランや流通などへの投資もあることを考えれば、ハイテクへの投資額は、多分、日本よりも大きい。
 
人口が二十分の一、経済規模が三十分の一程度とすると、ベンチャーキャピタルからの投資を受けて、事業を始めるのは、多分50倍、へたをすると100倍も、日常的かも知れない。そのくらい、ベンチャー企業は身近な存在だ。

+ + + + + + + + + +
 そういうのは、簡単であるが、VCのお金は、誰かが投資しているお金、当然、投資 している人は、それに見合う利益を見込んでいる。VCは、最終的には、EXITして、お金に換え、投資元に戻すまでができていないと、その仕組みが完結し ない。また、これらのお金は、世界のどの分野にも投資機会があるお金、当然、世界で一番確実で、リターンが大きい(と思われる)案件に投資してくる。イス ラエルのVC投資は、世界中の国債、株、不動産、商品、ベンチャー投資、間接的ではあるが、それらの投資機会と競争して、現在の地位を確立していることに なる。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/