ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

バジェット・レンタカーで久しぶりにナビを借りた。以前借りた時は、ロクに使わないで返したのを覚えている。一つのHWを使いこなすには、それなりにエネルギーが要る。

私自身は、この16年ほどこちらに通っていて、土地勘もある。一人で、大体のところにはナビなしでも行ける。だが、こちらに来るのは、私だけではない。「当社の社員がナビを頼りにすればこちらで運転ができるか」の検証。
 
借りたナビは、「TEAK」ブランド、あの日本の音響機器のTEAKと思われる。(少なくともロゴは同じ)。
 
日本では、英語ですら使えるナビは私が知る限り無い。さすがイスラエル、英語のナビは存在する。問題は使いものになるかどうか?例えば、何時も滞在するのは、ヘルツェリアという街、このヘルツェリアに相当するヘブライ語はひとつなのだろうが、英語表記だと、多分10種類くらい(ユレ)ある。これがナビには大敵、住所を打ち込んでも、相当する場所が出てこない。これで、以前はあきらめた。
 
● ナビを部屋に持ち込む
● 行きたいところを先ず、打ち込んでみる
● 運がよければ、素直にでてくる
● 運が悪ければ、パソコンでGOOGLE MAPで確かめる
● 「ユレ」を考慮して、打ち直す
●   これで、5件くらいの行き先のうち、4件までは発見、事前登録
 
多分、こちらのエンジニアがアルゴリズムを書いたのだろう。ルートの決定やアナウンスなどは、日本のものよりもしっかりしている感じ。
 
そうだ、イスラエルのナビを買って、行先を全てを意事前登録、そうすれば誰でもこちらで運転できる!!
 

拍手[0回]

ハイテクベンチャーのスタートアップは、「人材」が最も重要。人材、それも、その道のプロフェッショナル。
フルタイム、パートタイムを含めて20人程度のスタートアップの仕事の仕方
 
●    オフィスはCEOの(豪華な)アパート、バーカウンターやらジョギングマシンやら、”おもちゃ”が一杯
●    ここで、週に2回ミーティングをする
●    その他は、皆かってに働く、タスクは在っても、納期はない
●    コア開発の納期は、それが出来た時、納期という考え方も存在しない
●    パフォーマンスが悪ければ、首になるだけ
●    仕事のできる奴は、自由が欲しがるし、その方がサラリーも安くても良い仕事をする
●    20人程度の組織、何時までそのやり方が続けられるかは疑問と思いながらやってる
●    別に、意図的にやっている訳ではなく、自然にそうなっただけ
 
流石、イスラエル、これも一つの究極の姿!!

拍手[2回]


● あなたは、この10年で何人の人を騙そうとしたか、誤魔化そうとしたか、不誠実であったか??
● あなたは、この10年で、何人の人にベッグ(Beg)したか??
 
その人が、まともかどうか、信頼できるかどうか、幸福であるかどうかの尺度、どんな仕事をしてういるかの尺度、Cheatしたり、Begしたりは、当然、あるべき姿ではなく、長期間では、必ず排斥されると考えていい。

一昔前、自分自身のことを、「Cheap Executive Officerにはなっても、断じて、Cheat Executive Officerにはならない」と豪語していたのを思い出す。

Cheatするマネージャーは、短期間は成功するかも知れないが、必ずその跳ね返りがあり、場合によっては、塀の反対側に追いやられる。

なんて、ことを嘘引きながら、イスラエルの夜は過ぎる。今晩は、珍しく雨嵐、イスラエルも冬に向かう

 

拍手[0回]

イスラエルの連中は、家族を大切にする。家族で海外旅行、週一回は家族でディナー、奥様とビジネス旅行、家族同士で食事、子供の教育には超熱心、などなど、
だけど、テルアビブの結婚離婚比率は、2対1、結婚した二組に一組は離婚する確率。

親しい友人二人が最近離婚した。
●    二人とも50代、ハイテク企業のCEO
●    子供は既に独立

曰く、一緒にいる意味がない。自由がほしいと言う。カミサンの存在意義を考えてみると、
●    愛人、恋人、
●    母親、嫁さん、家族
●    飯炊き女、掃除オバサン、洗濯ババア
●    趣味仲間、遊び仲間、仕事仲間
●    人生のパートナー、人生を愉しむ仲間

セックスも無くなり、子供が独立し、趣味も異なり、人生観も異なり、金銭的にも余裕が出来てくると、確かに一緒にいる価値は減衰する。ハイテク野郎達は、タダですら、24時間ネットにつながり、PCの画面に向かって仕事をする。

CEOともなれば、世間体を心配する必要も無い。(多分、海外では世間体は問題ではない)

結婚制度も多分時代遅れになってきた。時代の変遷に対応する必要がある??

拍手[1回]

イスラエルでは、或る企業のグローバルセールスチームの垂直立上げミーティングに参加。

●    世界20カ国にカントリーマネージャーをアポイント
●    その65%は、この6ヶ月以内に入社
●    これをイスラエルに集めて、4日間のワールドワイドミーティング
●    初日は、マサダ、死海観光
●    2日目は、テルアビブでボートツアー、エルサレムのオールドタウン
●    3日目は、ミッション、プロダクト、マーケッティング、などなどのプレゼン
●    4日目は、ワークショップとアクション、売り上げの予想

一緒のホテルに住んで、朝7:30から夜11:00まで一緒に寝起き、食事x10回、飲み、食い、歌い、踊り、泳ぎ、話し、笑い、最初はバラバラだった人間の集団もいつの間にか形ができてくる。勿論、共通言語は英語

12ヵ月後に、この何人が継続しているか。成果のみが結果・評価。
そして、何が起ころうと「笑顔」であることが肝要。

それが、世界の厳しい常識!!

拍手[2回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/