ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[286] [285] [284] [283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276]
クイックショナリーは、1-2秒で引ける電子辞書、光学式のラインスキャナーで、目的の「わからない単語」の画像を読み取り、前処理の後、OCR(Optical Character Reader)で画像をテキストに変換し、辞書データベースを検索した結果を、ディスプレー(意味)とスピーカー(発音)に出力する。
キーボードタイプの電子辞書と比較すると、圧倒的な辞書引きの生産性を誇る道具。煩わしくなくて、
無精者には最適。

さて、我社で主に取り扱っているクイックショナリーには3種類がある。
●        漢字リーダー
●        ジーニアス
●        英英プロ

漢字リーダー
は、最近リリースされた商品、三省堂のデイリーコンサイス、英和、和英、国語辞典が入っている。一つの筐体で、英和辞典も和英辞典も、国語辞典も約8万語の語彙数。日常の使用には不自由は無い。特に、「漢字が読めない」日本人、外国人にとっては、必携の道具。漢字は読み方が判らないと部首検索やら、総画検索やらする羽目になって、やたらに時間がかかる。どこかの国の首相にも薦めたい。漢字の読めない不名誉な日本人、帰国子女、在外邦人の子弟、日本語を学ぶ外国人などが使うと最適というのが市場の評価。自分用にプレゼント用に如何ですか。

ジーニアス
は、ご存知、大修館のジーニアス英和辞典が入っている。大修館のジーニアスは、日本で一番売れている辞書、大学受験用の英和辞典が我が国の最大市場で、そこに焦点をあわせて開発したそうだ。大学受験用とのことで、「英語を学ぶ辞書」、「説明文の充実している辞書」がこの商品の取柄。語彙数も約10万語と充実。

英英プロ
は、アメリカン・ヘリテッジ、スタッドマンなどで有名な、ホートン・ミフリン社の辞書がなんと9冊も入っている。英英、熟語、略語、類語、医学、株式、コンピュータ・インターネット、科学、地理、総計20万語は、当社の担当に言わせれば「無敵」。おまけとして、ウィズコム社独自の英和辞典もあり、英英で解らなければ、英和を直ぐに使える。「英英辞典を使いなさい!!」と先生に言われても、箪笥の肥やしになるのが常、英英プロは、世界で最も使い勝手の良い英英辞典と思う。特に、英語を多読する、多読しなければならない境遇に置かれた方、是非ともお試しいただきたい。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/