ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[250] [249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240]


週末の怠惰な夜は、歴史本を読むのが良い。特に、アメリカの5kgもある装丁の本は、絵も綺麗で想像を描き立てるに足る質感を持つ。多分、アメリカでは、贈答用の書籍という市場があるのだろう。こんな本を自分で買う気はしない。

ATLAS OF WORLD  HISTORYは、我が家に存在するそのうちの一冊。世界の歴史がテーマごとに見開きで書かれている。古代エジプト、ローマ帝国、モンゴル帝国、大航海時代、新大陸、世界大戦、、、

机の上の白熱灯の明かり、バックグランドミュージックは、こんな時はモーツアルトが良い。なぜか、時間や空間を超越した美しさと気品がある。我が至福の時間はこんな景色と表現する。

さて、もう一つの小道具がクイックショナリー、仕事上の英語は単語も限られていて25年も使っているとボキャブラリには不自由しない。しかし、一歩、仕事の領域を出ると話はぜんぜん違う。学生時代に英語の勉強をしなかった報いか、或いは、日常、普通に使われる英語に触れていない性か、1行に一つくらい知らない単語が出てくる。気分は、大きなランダムハウスでもおもむろに捲りたいのだが、それもオックウだし広げる場所もない。クイックショナリーは、何も考えないでなぞるのが良い。折角良い気分で、時空旅行に浸っているのに、辞書引きに忙殺されるのは興が冷める。

どの歴史上のストーリーにも、当時の環境があって、何人かの登場人物がいて、大部分の敵と少数の味方がいて、夢があって恐怖があり、欲が絡んで、それぞれの個性と相関関係があって、運の要素があって、最後に結果がある。そんなことを想像しながら読み進めると、学生の頃に習った断片的な歴史の知識がつながってくる。

 

 

 

 


 

 


 

 

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/