ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[1] [2] [3] [4]
いや、大変な時代が訪れようとしている。今日の新聞によれば、フェイスブックとアップル、社員の卵子冷凍保存支援、世界中から集めた優秀な頭脳、おいそれとやめられてはたまらない。この会社の補助、ひとり200万円まで、

たまたま、それが女性の場合、
● 君たち忙しいだろうから、妊娠とか出産とかは、内をやめてからにすれば
● 卵子の冷凍保存は、会社が面倒を見るからさ、
● まあ、40才過ぎになれば、どうせ第一線では使えないんで、妊娠、出産はそれからにすれば
● 旦那の精子でも、だれか気に入った奴の精子でも良いからさー
● 母体も自分のでも、代理母でも良いじゃん
● 20ー30才台は、しっかり働いてよ

こんな乗りだろうか、確かに人生設計の自由度はぐっと増す。若いうちにしっかりお金を貯めて、40代ー50代で子供を育てる。21世紀の人生が90歳、100歳まであるとすれば、合理性はある。
画して、幼稚園の運動会には、60才過ぎの「お母さん」が駆けっこやら綱引きやら

じゃあ、男性の場合どうなる??

●勿論、精子の冷凍保存はできる
●精子の冷凍保存は、2万円程度で安い
●男性の場合は、60才過ぎまでできるんで、ゆっくりやれば良い

むむむ、技術の進歩は良いが、やっぱり複雑な気が

拍手[1回]

ラスベガスから、10時間をドライブしてシリコンバレーまで帰ってきました。
 
サンノゼの日本飯屋は、期待通り普通に美味い、定宿のホテルは、ジャグジー付喫煙ルームで至極快適
友達から紹介された、シリコンバレー在住の日本人マッサージ氏は、結構科学的で肩こりも治った気が、
何時もの仲間と仕事の打ち合わせ、近況の報告。
 
チョーアメリカ的なラスベガスに比べると、シリコンバレーも普通の所、気分は和む
明日の夜には帰るぞ!!

拍手[3回]

この夏は、2社の企業から、カンパニーミーティングに招待されて、然も日程が重なって、仕方なくシリコンバレーからイスラエルに直接で移動する羽目になった。
サンフランシス>ニューヨーク (5時間)
ニューヨーク>>テルアビブ  (11時間)

の旅程 どちらのエコノミー席も夏休みの真っ只中かで満席、身動きも取れない。当然のことながら、お尻が痛くなる症状。

ニューヨークの空港に、ベストバイ(アメリカの家電量販店)の自動販売機が置いてあり、そこで面白半分に買った50ドルのソニー製「ノイズキャンセラー付きヘッドフォン」は、なかなか面白く、ちょっと凝りそう。 (もう長いこと商品としてあるのは知っていたものの、馬鹿にして買わなかったのだが)

ニューヨークとテルアビブの間は、「ユダヤ人」と思われる人たち、ほぼ100%、そう、イスラエルには700万人位のユダヤ人が、ニューヨークには2-3百万人、たぶん世界中のユダヤ人の50-65%位が そのどちらかの地域に住んでいる。使っている機材もボーイングの一番大きな機材。「ユダヤ人御用達国内便」の様相

久しぶりに、世界を一周しそうです。


拍手[1回]

昨日からシリコンバレーに来ています。当たり前の事ながら、7月の終わり、半袖のシャツだけを持って来たのですが、寒い、寒い!!

天気を見れば、最低気温が12度、最高でも20度、快適と言うか、寒いと言うか。然も、アメリカ人の快適な室温は、多分、日本人よりも5度位は低くて、これは、何時もの事ながら、「寒い」

そう、会議では、アメリカ人が、長袖のシャツを着て、ジャケットを着て、ネクタイまでしている奴も居る。やっぱ、これは「寒い」??

でも、日本の節電でエアコンが使えない「猛暑の夏」より良いか?!

バジェット・レンタカーがくれたのは、なんと5Lの赤のフォードムスタングの新車、省エネなどクソ食らえ??

mustong.jpg

拍手[1回]

今週は、月曜からシリコンバレーでの会社めぐり、杉花粉症の季節は、出張にお誘いがあると、どうしても参加したくなる。

今回は、何人かのグループでのテクノロジー・スカウトの旅、シリコンバレーを一日中走り回る。なんと、ホテルで出される朝御飯以外、選択肢があれば、食事は全部日本食

シリコンバレーに日本食が食べられるところがそれなりに多いのと、やっぱ、日本食が美味しい(体が求める)のが必然

ここの外国人たちも、「寿司」ファンが多く、会った人事に「日本食」の素晴らしさを口にする。中には、週に5-6回、寿司を食べると言う寿司 ファンも、

「日本食」、「アニメ」、「カラオケ」、「ボンサイ」、「オタク」、「コスプレ」、日本のカルチャー、結構普遍的な価値があるのかな、とも思う。世界の他の国のカルチャーがここまで浸透しているのは、余り例がないかも?

さて、今夜は、皆が帰って、一人で居残り、日本と連絡を取りながら、晩御飯は余った一平ちゃん、うむうむ、やはり日本の食文化は水準が高いような気が、

拍手[1回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/