ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119]
超不精で忘れ物の多い、私としては、ケータイに期待するところは大きい。「朝、ケータイだけを持って出れば、後はなにも心配しなくても良い環境」、は、不精世界の理想であるし、ケータイ事業者の狙うところだろう、これを「ケータイ至上主義」と呼ぼう。
 もう少し、それぞれの機能を分析してみると、ケータイの固体自体に完結している機能、或いは、既存の社会環境にケータイが追従する機能に関しては、これ以上進化をするスペースは殆どない。テレビ、ラジオ、カメラ、ICレコーダ、電子手帳、ゲーム、カーナビなどは、このジャンルに属する。ごく最近まで、日本のケータイ事業者は、ネガティブであったPCとの連携も、解禁となったようで、ファイルのやり取りなど、かなり自由に出来るようになってきた。
 
外部環境の整備を伴う機能、電子財布携帯機能は、フェリカの私鉄各社の導入、デファクト化により、急速に進んでいくに違いない。クレジットカードを忘れても、ケータイだけで、一日が過ごせる日も近いように思う。
 



+ + + + + + + + + +
次に名刺、一昔前に「パーム電子手帳」で個人情報を交換するのが海外では流行った。ビジネス マンは、パームを持ち、赤外線通信で、電話番号など交換するあれである。ケータイとPCで同じフォーマットを持たせ、赤外線かブルーツースで名刺交換すれ ば、名刺入れを持つのも、名刺からPCへ変換して名刺情報を入力する手間も省ける。これは、是非とも実現してほしい。

タバコとライターは、ちょっと無理と思うし、小額なので、忘れればどこかで買えばいい。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/