ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
20世紀のエリートは、東大法学部を「優秀」な成績で卒業して、大企業、官公庁に勤務し、ネクタイスーツ姿、親たちはそれを目指して未だに子供に学問を強要する。
 
さて、21世紀のエリートをどう定義するのか。
 
先日、こんな話があった。イスラエルで高卒何の職務経験もない(軍隊経験はある)若者を何と8社が取り合った。その結果、その若者の給与は跳ね上がり、15万ドル、現在の為替でも1000万円を楽にクリアーする。
勿論、ストックオプションやらのインセンティブも付く。
 
21世紀のエリートを、こんな風に定義すると面白い。
 
●    スニーカー、ジーンズ、スキンヘッドにピアス
●    学歴関係なし、組織への忠誠心なし
●    気まぐれ、わがまま、自分の好きなことしかやらない
●    しかし、とがった部分では世界一
 
或る企業のお偉いさんにその話をしたら、「そうそう、そういう時代、それをマネージできる人材」がまたいない。」そうだよね、それも現代的エリート
 
当社も、その方向もそういう方向を目指している!?

拍手[6回]

後一週間で、アナログ(地上波)テレビも見納め、昨日は、私のクルマでの最期の大河ドラマを「聞き」ながらのドライブ、「聞くだけテレビ」は、クルマ の純正のテレビでは当たり前、画面が写っているのは例によって法律で禁止されている。

そして、頭に来るのが「クルマのデジタル化テレビ対応」、ディーラーで聞いたところ、ワンセグのチューナーを、現在のアナログテレビのアンテナ端 子の手前に入れて、ワンセグ>>アナログ変換>>アンテナ入力で対応するとのこと。 そして、チャンネルの切り替えなどは、同梱のテレビリモコンで行うとのこと。そして、その価格は10万円。

アホか、10万円あれば、42インチハードディスク録画機能付きのバリバリ新しいテレビが買えるこの時代に、単なるワンセグのチューナーに10万 円!!!!

さて、この問題、昔からある。家庭やオフィスで使うメディアは、クルマの中でも使いたいのが翻意、8トラック>>カセッ ト>>CD>>DVD(MD)>>HDD>>フラッシュメモリーと言うのが、音楽のクルマや家庭での電源、この40年位で6世代進歩した。 ざっと割り算すると、6年に一回程度は変わっていることになる。私のクルマにも、未だにCDマガジン5連装なる過去の異物が付いている。

同じように、ケータイ電話も進化が激しい。クルマの開発中に新しいケータイが何世代も発売される。インフラも変わる。1990年代の初頭はアナログ全盛、 1994年からデジタルの第一世代、現在は、第三世代から第四世代、クルマにアンテナを創りつけても、周波数もフォーマットも変わっていってしまう。

クルマは、5年かけて開発し、その後、4-5年量産し、その後15年ほど使われる、開発時から考えると、20年ほど使われ ることになる。その間、ケータイの端末は、40世代も変わるし、場合によっては、システムさえ2-3回も変わってしまう。

クルマの性格、品質の保証を考えれば、これも致し方ない??しかし、もう少し、モジュール化とか考えて、20年持つ仕組みを創ってもらいたいもの。

現在は、スマートフォンの影響から、「クルマにどうやってインターネットを持ち込むか」、がテーマのはず。オーディオ、ナビ、メール、ウェブ、ビデオ、クルマに必要な情報ソースは、全てスマートフォンが持っている。


と、言うことで、しばらくは「聞くだけテレビ」、しばらくは断念しよう


拍手[0回]

シリコンバレー内のドライブは、もっぱらナビ頼み、ドライブを始める前に目的地の住所を入れて、ナビの指示通りにクルマを走らす。ナビの性能も進化したもので、200ドル位のPND(Personal Navigation Device)で、簡単に目的地まで運んでくれる。真に便利だが、道を覚えない。

●    パソコンで書類作成をする様になってから、漢字が書けなくなった
●    機械翻訳で仕事をすると、英語を覚えない・進歩が止まる
●    ナビで運転していると、道を覚えない
●    碁も将棋もパソコンのほうが強い・やる気にならない
●    株や為替の取引もコンピュータ頼り
●    音の悪いMP3やケータイなんかに慣れてしまった

今、到来しつつある時代は、フェースブックやツイッターの100文字程度のコミュニケーション、現代の中・高校生にはEメールすらもう時代遅れ。

「考える行為」自体が変わってしまう可能性すらある?? 正岡子規にでももう一度登場願うしかないか??

そうか、フェースブックは、年寄り(大人)には、今ひとつ面白くないけど、俳句、短歌なんかを写真と一緒にあげるには理想のプラットフォームかも、「バーチャル句会」なんてのも、流行るかも、、

拍手[0回]

● 朝、オフィスに通勤しながら、クルマの中でメールを読む
● 緊急の案件があれば、ハンズフリー電話で関係者に調整する
● メールは、音声認識で発音すればクルマが書いてくれる
● ウェブのニュースをクルマが読み上げてくれる
● 道路の混雑状況をクルマが判断して、目的地に最も早く着ける道を案内してくれる
● 事故や工事があれば、迂回路を案内してくれる
● ケータイの音楽をカーステレオで再生してくれる
● ネットのビデオや音楽や記事をクルマの中で流してくれる
● 衝突防止の装置もついている

なんて時代が、もうそこまで来ている。フォーブスの記事は、海外の自動車メーカーが採用しようとしている数々の「新装置」を記載している。

クルマとスマートフォンの融合、がテーマ

確かに、あるべき姿とは思うのの、大変な抵抗がある。
● クルマの設計は、企画から製品化までに多分5年くらいかかる
● クルマををリリースしてから、10-20年位は使う
● ITのアプリやインフラは毎年変る
● 従って、企画段階で最新だったものが、新車発表時では、もはや古い

ま、上記は、世界共通のテーマ、更に日本について言えば、

● 自動車メーカーもユニットメーカーも、ITは如何にも得意そうにない
● ソフト開発、スマートフォンアプリ、多分、大の苦手
● 品質保証は、得意なんだけど、オープンなシステムは保証できないのが建前

そう、これからは自動車の競争力もオープンシステムをどう取り込むかが、 テーマ??

これに失敗すると、世界がグーグルの世界制覇に貢献するはめになる??


拍手[0回]


今週は、或る団体からのご招待で、ソウルに来ています。

●    世界各国からのバイヤーを70カ国、700社、1100人規模でソウルにご招待
●    韓国政府が20、000社に及ぶ韓国のベンチャー企業の販売を支援
●    サミットが開かれた一流のホテル、航空券、食事、すべて支給
●    広大なイベント会場を借りきり、バイヤー毎にブースを構え、韓国のベンチャーが一時間、一社の割合で訪問してくる
●    各バイヤーに一人ずつの通訳、気合を感じる

朝の6時過ぎから準備して、夜の11時ごろまでミーティングの日々、メインイベントそのものは、一日で終わり、

●    7社が当社ブースを訪問
●    日本語と韓国語の通訳がついたが、殆どは英語で可能(韓国の英語力の向上はなかなかすごい)
●    5-60人規模、社歴が2-10年程度
●    ベンチャーキャピタルの出資が、殆どない。
●  調べてむると、韓国のベンチャーキャピタルの出資額は、この10年で、7000-8000億円程度

韓国政府がベンチャー支援して、国興し、サムソン、LGに続く、新しい企業を創る、(小さな)韓国は、世界に売らないと経営がなりたたない。

現在は、中国、インド、ロシア、ブラジルの大国に時代であると同時に、シンガポール、香港、台湾、韓国、フィンランド、などの小さくて動きの早い国の時代かもしれない。

さて、当方の成果は、、、

拍手[0回]

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/