ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
と、云う事で、WAZEの地図作成のために、オフィス(恵比寿)と自宅(日吉)の往復をする毎日、自分のクルマの軌跡が、サーバーに記録 され、皆で共有される仕組みへの貢献が、たぶん、少しだけ嬉しい、現在はその貢献度(ランクが表示される)が全世界で5000番目位のラ ンクとなった。

幹線道路は既に地図登録されているため、わき道に逸れる。ケータイネットワークに補助されたシステムGPSは、思いのほか正確で、3M程 度の誤差では認識している感じ、コンセプトの可能性を感じさせる。

目黒区、品川区、世田谷区、大田区、なんて地域は、「日本で一番豊か」と思われている所と思うが、この地域、特に環状六号と七号の間は密集地 域、20-30坪程度の敷地に建った二階建の民家が主流、道路も細いところは2m程度しかなく走りづらい。

そう、日本には計画と実行という考え方、全体の利益の為に個人の利益を調整するという考え方が薄い。環八は、今でも環状になっていない し、我、綱島街道は、40年前の学生時代に片側2車線の工事をしていたが、今でもこれを完結していない。快適で効率的な生活を送るため、 もう少し個人が犠牲になってもよい。行き過ぎた民主主義??

考えたのが、「環六と環七の間を、すべて高層化したら」、

●    15階程度、平均3階建程度に高層化する
●    環七の直径が20km、環六が、15kmとする
●    ちょっと計算すると、一人10坪(かなり贅沢)を占有するとして、400万人程度が住めることになる

そう、ゆったりとした快適な空間で、人生を愉しむ!!
ところで、計算あってる??

拍手[0回]


僕の前に道はない、僕の後に道はできる。
と、読んだのは高村光太郎、waze (
www.waze.com)は、正にこの世界。

スマートフォンとGPSを使って、ヨッテタカッテ地図を創る。

●    日本各地で、100万人のドライバーが何時もWAZEを使うとする。
●    一分毎に、緯度、経度、時間、ユーザーIDをWAZEサーバーに報告する
●    渋滞、事故、新しい道路、ランドマーク、ネズミ捕り、なんでもWAZEサーバーに連絡する
●    サーバーは、地図を造る、渋滞状況を把握する、
●    サーバーは、このダイナミックに更新される地図をユーザーに送る
●    スマートフォンの画面上に、これが表示される

●    現在、世界100カ国で展開中

で、現在の日本の状況はどうかというと、これが始まったばかり。都内の幹線道路はほぼ網羅されているが、住宅地となると未開拓。先日、帰省で豊橋に帰った時にもこれを使ったが、国道一号線も「荒地」、これに思いっきり「軌跡」を残してきた。

「こんなサービスが使えるようになったら」、、、、なんてことを考えながら、オタクの私は、わざわざ脇道にそれて、地図を描く。

1990年代から多くの人たちが関わって、作り上げてきたわが国のナビの仕組み、ビジネスモデルがなくなるのも時間の問題?? 時代を感じさせるサービスが始まった。

拍手[0回]

イスラエルで、50代の年齢のハイテク野朗と飯を食べた。

● 1月から失業している
● 30代ならともかく、50代ともなると就職が厳しい
● 実績も人脈もあるし、業界は少しくらい違っても半年もあれば、プロフェッショナルになれるのに
● グローバルにどうビジネスや代理店をどうやってマネージするか知っているのに

この御仁、ナスダックの公開企業の立派なVPだった人物、しかし、現代にハイテク業界では、年寄りに居場所はない? 所変って、日本でも多分、ストーリーは同じか、もっと事情は悪い。 一つの企業に20-30年も勤めた50代、60代(最近は40代でも)に基本的には、やりたい仕事の機会はない。

就職も出来ず、年金も当てに出来ず。どうも、これは、世界的な問題。


拍手[0回]

  世界のパソコン、ケータイ、家電の製造は、東アジアに集中する。イスラエルのB2B2C(これらの部品の新しい技術)の会社のCEO連中と話をする機会があったので、それらのプライオリティーどうなっているのかを聞いてみた。

●  市場開発の初期に日本にフォーカスしたのが間違い。日本のメーカーは、意思決定が遅く   て困る。現在のプライオリティーは、
韓国>台湾>中国>日本

●  中国メーカーが一番早い、台湾も今や遅いかもしれない。
中国>台湾> 韓日は、あまり差を感じない

●  何と云っても中国が一番で、今年は、中国市場が世界でナンバーワンの予測 中国、後のプライオリティーない

中国>

多分、このプライオリティーが、現段階での客観的な日、中、韓、台の評価??

拍手[0回]

そんなことを書いている内に、フォックスコムの「iPAD自殺工場の労働争議」がニュースとなった。工場内に数十万人が寝泊りして、月額300ドルで毎日12時間働いて、自殺すると16、 000ドル貰えて、、、、

ODM企業も労働者も大変だが、「搾取工場」があるお陰で、中国の経済は好調だし、アップル、HP、デル、任天堂などの製品も、品質が確保され、価格も安い。そして、世界中のユーザーがこれを喜んで買っている。

こんな過程があって、中国の賃金が2倍にもなって、だんだんと均衡してくる。日本の賃金が中国の10倍、なんていう競争は所詮なりたたない。台湾の ODMメーカーも

●    中国の賃金の上昇
●    中国自体のODM能力の向上    (そのうち、台湾PASSINGが始まる)

なんて基本的な問題もあり、ODMのビジネスモデルも問題を抱えながら、成長していくに違いない。

しかしながら、中国って国は、共産国ではなかったっけ??
所詮、お優しい日本人には、ODMなんていうビジネスは、できない??
いや、こんな競争、すべきでもない??
いや、競争しなくっちゃ、将来はない??

更に、台湾は法人税を17%にするという。イスラエルも20%以下に法人税を下げる計画、国家も企業経営の時代。
ワールドカップでも見ながら、考えよう

拍手[0回]

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/