ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

中国と云う、無限で安価な労働力がある。台湾は、中国語という共通の言語がある。パソコンは、インテルとマイクロソフトという技術の軸がある。その他の部品は当初は日本や韓国のメーカーから調達するが、価格と品質を見ながら随時現地化(中国化)する。大して大きな付加価値が付く訳ではないので、15%ほどの粗利で販売する。ブランドや販売は、欧米や日本メーカーに任せて、生産だけに注力する。

この戦略は、まんまと成功し、ノートブックの世界の90%は、台湾のODM・OEMメーカーとなった。。日本の部品メーカーについて言えば、多分、こんなところ。
● 当初は、「顧客」であって、日本製の部品(特にハイエンド)は、買ってくれていた
● ローエンドから、中国製の部品が出てきた
● 価格の競争は熾烈になり、価格競争で、負け続けた
● 中国製部品の品質向上、日本での設備投資の制約から、さらに負け続けた
● 結果として、PCの世界で、日本性部品は、殆ど見かけなくなった
● 現在は、勝負はついた感がある。(進捗度99%)

さて、このビジネスモデル、どこまで行くのだろうか。既にケータイ電話やテレビ、ゲームコンソールでは、始まっている。これらの売り上げ規模も1兆円から8兆円と、パナソニックやソニー、日立、NECや富士通と匹敵する程となっている。


EMS 企業リスト
Foxconn          http://www.foxconn.com/
jabil circuit        http://www.jabil.com/
flextronics        http://www.flextronics.com/
solectron         http://www.solectron.com/
celestica           http://www.celestica.com/
Venture            http://www.venture.com.sg/
Sanmina-SCI    http://www.sanmina-sci.com/
elcoteq             http://www.elcoteq.com/

ODM 企業リスト (全て台湾企業)
ASUSTeK         http://www.asus.com/
Quanta            http://www.quanta.com.tw/
Compal            http://www.compal.com/ 
TPV tech          http://www.tpvholdings.com/
Inventec          http://www.inventec.com/
Wistron            http://www.wistron.com/
Innolux            http://www.innolux.com/

拍手[0回]

昨日の夕方から台湾に来ています。

「日本は台湾から学べ」、「ノートブックの95%は台湾企業で、その98%が、中国生産」、「日本の組織経営は、決断は遅いが一旦決断すれば、行動は早かった。今は、遅いだけ」、「パソコンの次は、テレビ、その次はクルマで同じことが起こる。中国をベースした台湾のODM/ODMは、早くて強い」

イスラエルのベンチャー企業は、イスラエル国内の市場が無いに等しく、海外の適当な市場をコアにしてビジネス開発する。好き嫌いでなく、合 理的に判断する。そんな連中が、日本をすっ飛ばして、市場開発するのが、パソコンなら「台湾」、家電なら「韓国」。中国は、未だ成功例がなく、リスクを取 らないで、他湾、香港経由で、ぼちぼちやるスタイル。

そう、そんなら、実情を体感しようと、コンピュテックスを機会にやってきた。実家(日本)が貧乏になると、それをバックに仕事をしている日本人は皆辛 い!!

はい、素直に学びましょう!!


拍手[0回]

ヤフオクで最近買った腕時計は、1960年代(多分)のスイス製、もちろん、機械式。この時計、どうも一日に「正確に」5分遅れる。

正確な時計を目指すのであれば、クオーツを買えば良い。電池があるかぎり、一ヶ月に秒単位の誤差で動く。更に言うのであれば、電波時計
を買えばよい。これならば、常に電波を捉えて一生正確に動いてくれて時間に遅れる心配はない。電池が心配ならば、太陽電池の時計を買えばよい、これなら、太陽や蛍光灯の光で充電され永久に動いてくれる。

然し、この一日で5分遅れる時計、かわいいくて使っている。そもそも、朝出かけるときにリューズを手巻きして、時間を合わせて出かければ良い。それなら、一日を終わるころにも3分ほどの遅れですむ。いつも手をかけてやるのがやはり良い。

分解掃除に出してやれば、直るかもしれないし、直らないかも知れない。そんな気儘さが良いのかもしれないし、そもそも、我々の生活に秒単位の正確さは不必要なのかも知れない。

敢て、明日も、この不正確な時計を使うと思う。


拍手[0回]

海外出張は、大体一週間が単位、香港や中国なら、水曜まで働いて、木曜に出掛け、土曜に帰ってくる、みないな出張の仕方もできるが、アメリカ、ヨーロッパなどではそうも行かない。

其の時、どんな道具立てででかけるか。

ノートブックは、日常もって歩くのが常識だけど、A4ノートは、3kgも在って重いし、8-10インチのネットブックでは、書き物に適さない。では、12インチかというと、オフィスで14インチを使って、もう一台、12インチというのは、ちょっと贅沢。そんな訳で、今は重いのを承知でA4ノートを持って海外に出掛けている。

そんな折、今回は、iPhone 3Gを持ってきた。基本的に、A4ノートは、ホテルに置いておいて、iPhone 3Gで、外出時の用を足す構想。電池の減りは早く、3Gのネットワークが限られていてどこでもOKと言う訳ではないが、取りあえず、順調に動いている。後は、帰国後のパケ代がどのくらいになるかが判断基準。また、イスラエルでiPhoneのナビが使えるか、とのテーマもあったが、これは駄目そう。

因みにケータイにも苦労していて、現在は、SIMロックの無いケータイを2台、持ってくる。SIMは現地調達して、現地の番号でやり取りできるようにしている。グローバルローミングは、高いし、音質が悪いし、相手から電話してもらうにも相手に迷惑をかける、現地での連絡は、現地の番号で、日本からの連絡は、日本の番号で、が常識。

今日の午後は、プールサイドで、iPhoneにビール??

拍手[0回]

一昔前は、カーナビに20-30万円も掛けてクルマに取り付けた。今は、PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)なるものを車に載せれば、取りあえずの用は足りる。先日、シリコンバレーで、これを探したが、日本製は、全く見つからず、「一昔前なら」との印象を持ったばかり。

さてさて、本日の話題は、世界中で使えるナビゲーション・デバイス、同じデバイスを持って歩けば、同じ使い方で、地図だけダウンロードして交換すれば、使えるはず、これは、どこに出掛けても、自分でレンタカーを運転する御仁には便利に違いない。

●    日本の地図だと、全国でDVD位のメモリー容量で使える。4-5GB位
●    4-5GBは、最近のフラッシュメモリーの安さを考えれば、完全に射程範囲
●    然し、4-5GBのファイルは、ダウンロードするには、ちょっと大変だけど、
●    ケータイで3Gでダウンロードしたら、気が狂うほどのデータ料金を後で請求される
●    だから、通常のインターネットでやりたい
●    どうせ、GPSを使ったPNDなら、世界の地図をダウンロードできるようにすれば、使えるはず

と、思い、インターネットを検索するも、見当たらず。どうも、世界中の地図を、出かける前にPNDにインストールして、出先のレンタカーで使うなんてことを考えるやつは、世界の少数派の様で、相手にされていないらしい。

と、そんなことを話していたら、グーグルのアンドロイドケータイの記事がリリースになった。これを持っていけば、多分、世界中でナビが使える。後は、地図の予備のダウンロードをPC経由で出来れば、通信料金の心配もない。

その日は、近そうだけど、またもグーグルに依存??今度は、PNDのメーカーが危ない??時代の動きは恐ろしく早い

拍手[0回]

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/