ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280]
ケータイのマルチメディア、テキスト、音声、ビデオ、アニメーション、いろいろ存在する。

ケータイ端末で、マルチメディア・メッセージを作って、相手のケータイに送る、問題は、相手がそのメッセージが読めるケータイを持っているかどうか。気にしてない??普通は、読めるよ。そうそう、その通りで、日本のケータイ事業者は、それを実現するために必死の努力をしている。だけど、場合によっては、読めないケータイだってある。古いの、安いの、ケータイ事業者が違うと、海外からのローミングケータイ、海外メーカー製、いろいろ

さて、通信の相互接続性は、いつも関係者にとっては難儀なしろもの。相手が読めないことには、メッセージを送っても何の意味も無い。そんなことを解決するのが、モビクセルの基本技術。

モビクセルのサーバーは、

●    ケータイ事業者のネットワーク内に置かれる
●    送られたマルチメディアメッセージを、サーバーにとりあえず貯める
●    相手のケータイが、それを読みに来ると、相手のケータイのモデルを調べる
●    そのモデルが、そのメッセージが読めるかどうかを判別する
●    読めれば、そのまま送る
●    読めなければ、そのケータイに読めるように加工して送る

さらには、

●    ケータイで、ユーチューブを見たい
●    ケータイで、セカンドライフにアクセスしたい
●    ケータイで、バイラルマーケッティングをしたい
●    ケータイに広告を乗っけたい

なんてニーズにも対応してる。そんな苦労があって、どんなメッセージも読めるようにしている。モビクセルは、この業界での世界のトップ開発企業、世界100を超えるケータイ事業者で働いている。


キーワード

mobixell
transcoding
streaming video
viral marketing
mobile advertizement
mobile you tube
mobile second life
format conversion
translation

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
モビクセルについて
初めまして。
そのサービス内容の加工には翻訳サービスも含まれているということなのでしょうか。
例えば海外のサービスの際に、相手の携帯に日本語表示が不可能な場合はどの様な加工が施されて読める状態にするのでしょうか。
もし、日本語で書いたものがポルトガル語に変換されて相手に届くのであれば、世界中の誰とでもこのサービスを通して意思疎通が可能ということになるのかどうか。
その点について興味があります。
今後、そういった方向に流れていく兆しはあるのでしょうか。
joe URL 2009/04/23(Thu) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Mobixell
http://www.mobixell.com/ ...
URL 2009/06/01(Mon)23:01:54
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/