ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [214]
当社の場所は、恵比寿駅と代官山駅のちょうど中間、恵比寿の繁華街から10mほどの坂を上ったところにある。近くは、住宅と小さなブティックなどが散在する静かな場所、公園や学校があり緑も多い。そんな場所に60坪ほどのオフィスがある。季節が良いときは、窓をあけて仕事ができる快適な空間だ。恵比寿と代官山のどちらも徒歩5分圏内、昼飯のメニューには苦労しない。

設立は、1998年、今年がちょうど10年目になる。ハイテクバブルの崩壊後、2年ほど赤字を出したが、この5年間は、利益を計上しており、堅調な収益をつづけている。創業以来、無借金経営で、2002年には、日本証券業協会のグリーンシートに登録し、4半期決算を公開している企業である。創業後、2-3年で実質終わってしまう企業が多い中で、10年間続いてきたのは、自分で言うのも何だが、良いお客様にも恵まれ、「運と実体」のある企業である証明と思う。

当社の取り扱っている製品は、「固有名詞のない製品」が多い。「俺たちだけの商品」、「世界唯一の商品」なんて言うと、聞こえは良いのだが、実はここに難しさがある。
 
●    1980年代の後半、日本では公衆電話が発達していたので、ケータイ電話なんていらないといわれていた
●    OSという、名前が無かった頃、マイクロソフトは、それをどうやってそれを説明したか?
●    テレビ電話なんて、30年も昔から言われているけど、売れたためしがない。(少なくともコンシューマには)
 
如何に世界の良い仲間と付き合って、自分の信じられる技術・製品を選んで、自信を持って説明して、市場の反応を見ながら説明方法を変えて、限られた時間と予算で「成果」を出す。実にチャ連ジング、面白そうでは在るが、、、大まかな時間軸は、3ヶ月で市場が見える、ある程度案件が特定できる、6ヶ月くらいで、結論が目安となる。(実際はかなり難しい、理想論の部分も勿論ある。)

こんな仕事に興味が在ったら、hidejiro@japan21.co.jp までメールして欲しい。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/