ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[210] [209] [207] [206] [208] [205] [204] [203] [202] [201] [200]
円高と株安で揺れる日本を笑うごとくに、昨日二つのニュースが在った。

●    アリタリアを、エアフランス+KLMが1200億円で買収する
●    米証券、ベアー・スターンズをJPモルガンが230億円で買収する

アリタリアは、イタリアのナショナル・フラッグ・キャリア、世界中にネットワークを持つ。ベアー・スターンズは、一年前は、80倍、先週末までこの15倍の株価だった企業。感覚的には、タダ同然での買い物である。勿論、双方ともハイリスク、買収後は、至る所に地雷が隠されているに違いない。然し、ここにあるのは、自分自身の情報収集能力、情報分析能力、買収した後に経営に成功できる確固たる経営力と自信、そして、最後にそのリスクを取るだけの経営規模と資金力がある。

子供の頃に、人生ゲームというボードゲームがあった。鉄道を買う、ホテルを買う、銀行を買う、土地を買う、それぞれのプレーヤーがいろいろの投資を重ね、他のプレーヤーがそこに止ると、料金を取って、更にお金をも儲けていき、鉄道王、ホテル王などになり、最後は、他のプレーヤーを全て破産させて、全てを独り占めにする。ゲームに比べれば断然ゆっくりだが、10年、20年という時間軸で、この人生ゲームがグローバルのスケールで起こっている。うろうろしていると、JALやNTTといった日本の宝のような企業も、世界の野生動物に食べられることとなる。(日産は、既にフランスの会社)

アリタリアは、昨日までは、イタリアの会社、明日からは、フランス人の会社、そして、明日からは、世界語である英語で、社内文書や会議が行われることになる。グローバライゼーションのインパクトはそんなところにある。

日本もグローバライゼーションのゲーム(人生ゲーム?)のプレーヤーになるのなら、そんなことのできる人材を多分100人くらい、それをサポートする人材を、多分10、000人くらい準備する必要がある。そして、そのゲームに参加しないという選択肢は、多分存在しない。(尊皇攘夷で鎖国をするのが国のポリシーなら話は別だが、)

グローバル・コンペティションは、戦争にも似て、それを否定するのなら、支配されるしか道はない。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/