ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339] [338]
イスラエルは、それなりに「資本主義」が発達したところ、多分、米国のユダヤ人の発明品である、所謂、ベンチャーキャピタル(VC)も、米国並に発達している。

● VCは、VCの運営するファンドに出資者を募る
● 出資者は、予測利益を前提に資金を提供する
● VCは、そのお金をベンチャー企業に投資する
● VCは、その投資をIPO,M&Aの手段(EXIT)により回収する
● VCは、そのリターンを出資者に分配する

さて、ここでの問題は、EXIT(IPOかM&A)が昨今は、数えるほどしか、存在しないこと。EXITが存在しなければ、VCは金を集められないし、VCに資金が無ければ、VCはハイテク企業に投資することもできない。 と、言うことで、VCのビジネスモデルが今後存在するかどうかが、本日のテーマ、なかなか難しい問題だ。VCのビジネスモデルが存在しなければ、ベンチャー企業も存在せず、技術のイノベーションが起こり得ないこととなる。

多分、イスラエルのハイテクは、小資本(1億円未満)位でできるビジネスに移行するだろう。その位なら、良く知っている人たち(エンジェル)で集められる。インターネットの軽く、スピードがあるサービスなんかが候補となる。ここの自由人たちは、そんな変遷を平気でやる。

技術は、そのハイテク性そのものを追求する時代は過ぎ、技術をベースにしたビジネスそのものに移行する??





拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/