ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311]
カントリーマネージャーとは、外資の雇われで日本の市場をマネージする職業、私自身も部門、企業を問わずカントリーマネージャーをやってきたし、多分、何千人レベルで存在する。
 
その道のプロであり、英語もでき、売りを上げる能力があるなんて条件の下に、比較的高収入の職業で、われわれテクノロジーの世界では、年収2000-3000万円位にはなる職業だ。但し、ジョブセキュリティーはなく、成果があがらなければ、あっという間に首になる、これも外資の辛さ。
 
そんなカントリーマネージャーの一人が遊びに来た。こんな話をした。
 
●  1994年が日本の世界の経済に占めるGDPの最大だった年で、世界の富の17-18%が日本
●  その後は、落ちる一方で2008年は8%位、15年くらいで半分以下になった計算になる
●  日本の国力のあったころは、日本は難しい市場だけど、一度入れば長期に買ってくれる良いマーケットだった
●  今は、面倒さは残って、大して高くも買ってくれないマーケット、従って、プライオリティは落ちる一方
●  多分、経済力の二乗位のスピードで落ちている、半分になれば、カントリーマネージャーの数は四分の一
●  然も、この10-15年で多分もう半分になる
●  アメリカ、EU、日本などの先進国から、中国、インドなどの新興国に富が移動するのが21世紀初頭のトレンド、これは仕方がない
●  しかも、人材が余っていて、給与も競争により、デフレ傾向、今では、中国、台湾、韓国、香港、シンガポールと同じ扱い
●  ソーホーでやっているカントリーマネージャー、パートタイムのカントリーマネージャー
●  現地法人なんてのは、よっぽど大きい会社しか創れない
●  しかも、VCの金が回らなくなって、ハイテクベンチャーは、金欠症状
 
はい、これからどうして暮らしましょう??「昔は、良かった」なんて言っても仕方ないし、現実を生きるしかない。さて、現実解は??

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
カントリーマネージャーを検索してたどり着きました
http://www.avira.com/jp
anonymous URL 2009/11/02(Mon) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/