ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[446] [445] [444] [443] [442] [441] [440] [439] [438] [436] [435]
昨夜、モトローラのケータイ電話端末部門が、グーグルに買収されるという記事が駆け巡った。私もモトローラに86年から95年働いた。

● 当時の従業員は、全世界30万人
● ケータイ電話、端末機の全世界シェアは、50%以上
● 私自身も、ケータイ電話システム、端末、ケータイ電話OEMと全勝、勝ち戦の連続
● 世界最初のポケットに入るケータイ、マイクロタック
● 日本の従業員数は、その10年で、1000人から3000人に

当時は、
● 日本が最も元気だった頃
● 日米半導体協議、通信器協議、自動車協議と日米摩擦の真っただ中
● モトローラは、米国を代表する摩擦の「元締め」?
● 私自身もその片棒?
 30-40歳代のひでじろうは、外資系に働く若きエグゼクティブ!!
● 正にモトローラは、アメリカだった

95年に退職してからのモトローラは、
● 半導体をスピンアウト (フリースケール)
● ケータイ電話システムを売却 (ノキア・シーメンス)
● ケータイ電話端末を売却 (グーグル)
● まさに、退潮の一言

1985-95はモトローラの黄金時代。1995-2005はノキアとサムソンの黄金時代。そして、ブラックベリー、iPhone、アンドロイド、大きな流れとしては、技術の中心は、シリコンバレー(Apple, Google)ヘ、生産の中心は中国へ、

モトローラは「退場」、日本企業も当然の「退場」。
次は、中国勢(Hauwai, ZTE)が台頭し、ノキア、サムソン、RIMがやばくなる??マイクロソフトがノキアを買収して、アップル、グーグル、マイクロソフトが、アップル型のクラウドサービスと端末の組み合わせのビジネスモデルに走る??

#1企業が、10年毎で交代し、#1企業を滑り降りた企業は、後10年で消滅する。
まさに、
盛者必衰!!

拍手[4回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/