ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399]
我々の時代は、黒電話で育った。家には、一台の黒い電話(日本電信電話公社)が置いてあり、一家に一つの電話番号で連絡を取り合った。「長電話はやめなさい」なんてことを言っていたのを思い出す。

1980年代の終わりごろ、携帯電話が始まった。その頃私は携帯電話サービスの普及に賢明だった。「日本は公衆電話がそこらじゅうにあるので、携帯電話は流行らないよ!!」なんてことを言われながら、重くてバッテリーの直ぐになくなる電話を売り歩いていた。

1990年代の半ばは、インターネット(メール)とポケベル、PHSの普及期、高校生が公衆電話からポケベルやPHSにメッセージを送るのが如何に早いか、なんてことを競っていた。

そして、i-modeに代表される日本のモバイルが世界で最先端だった時代を向かえる。2000年代は、ガラケー(ガラパゴスケータイ)の全盛期。

昨日、イスラエルのモバイル関連企業のCEOとこんな話をした。
● 内の息子(高校生)は、俺がメールしても答えない
● 聞いたら、メールは読まないんだそうだ。
● で、「何でメールを読まないか」と聞いたところ、使ってないとの答え (オヤジ不思議)
● 「フェースブック」で仲間と連絡を取り合う、フェースブックがあれば、メールは要らない

なるほど、仲間連中(皆、フェースブックのアカウントを持っているのが前提)と連絡を取り合うだけなら、フェースブックだけで足りるかもしれない。(オヤジいちおう納得)

そうか、次の世代は、i-modeがスマートフォンのこの時代レガシーなのは判るけど、メールすらレガシーなる。

通信のスタイルは10年後とに変わってきている。それにしても、この30年の時代の変化は驚くほど早い
。2010年代は、フェースブックに代表されるSNSの時代??

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/