ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [327] [326] [325]
今年のお正月も、毎年のように豊川稲荷(本家)に初詣、そこにニトリ(NITORI)の店舗を発見、そういえばイケア(IKEA)は通っているもののニトリは行った事がない。 同乗は、オフクロと妹、当然の事ながら、気楽な関係、早速ニトリに立ち寄る。

イケアは、スウェーデンの企業、現在の登記上の本社はオランダ(節税対策?)、非上場で、売り上げ約3兆円、全世界店舗300、従業員120、000名規模。一方、「お、ねだん以上、ニトリ」のニトリは、日本企業、東証一部上場で、国内店舗数約200、売り上げ、連結で約2、500億円。大雑把に言えば、ニトリはイケアと殆ど同業で、その経営規模は、約十分の一、それでもユニクロと並んで、デフレ時代の勝ち組と称されている。そして、店舗数からすると、イケアは、ニトリの十倍近い店舗あたりの売り上げを計上することになる。

実は、イケアの家具をこの2-3ヶ月の間に3-4点買い求め、自分で組み立てた。面白いのは、組み立てマニュアルが不完全?で、そこそこ頭を使わないとイケアの家具の組み立てができない。そこが面白く、何時も感心している。然も、結果として上手く組みあがる。

さて、初めてニトリの店舗を始めて観ての感想、

●   結構センスが良いよ
●   安い、こんなに安いと、これまでに買い求めた自分の資産(家具等)の評価が下がる
●   こんな値段にできるのは、中国生産でも出来ない、月給1万円以下の場所を探して作るしかない
●   日本の景気が良くなる訳ない  (全部海外生産)

先輩格のイケアには、それなりの拘りがあり、イケア社内の設計企画部隊がそれなりのポリシーを創り、その生産を外注している印象、一方のニトリは、その点がまだ十分に徹底していなく、自社設計もあるが、大部分は、安い製品を買ってきて展示販売している印象。まあ、日本企業であるニトリには、日本の住環境(貧しい)に適応した強みがある。多分、アジア地区では、これが通じる??

日の丸代表、ニトリ、がんばれ、と言うしかない??
価格から、質の競争へ、それでないと日本企業は生き残れないよ!!

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/