ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[418] [417] [416] [415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408]
もう一つ、腹立たしかったのがIVR(Interactive voice response・音声自動応答装置)の傲慢さ、大手のホテル、エアライン、レンタカー会社、これらのヘルプデスクは、全米で一つの電話番号でやっているのが通例。

電話をすると、「Welcome!!」とは言いつつ、「この場合は1を、この場合は2を、この場合は3を、、押せ」と連呼して、オペレータに繋げるのだが、間に企業メッセージやら、ディスクレーマーやらが入ってやたらに時間が掛かる。更に「オペレーターに繋げます」のアナウンスの後に、延々と待たされる。

こっちは、ケータイやらグローバルローミングの値段の高い回線で掛けているのに、クソ!! その挙句にオペレーターに繋がると、「それは担当でないから」とたらい回し、腹の立つことこの上ない。永久に解決しない悪い予感!!

どうせ、インドかどこかの労賃の安いところにコールセンターを創ってやっていて、高くは給与を払わないのだろう、オペレーターの質も悪い。何が、顧客満足だ、クソ!!

ま、やっている本人に怒っても仕方がないのだが、USのデカイ企業はみなこんな傾向を持つ。

日本では、優しいお姉さまが(オバサンもいるかもしれないが)、肉声で答えてくれて、親切で、テキパキしていてまこと気持ち良い。

日本文化と呼べるのか、はたまた、単に遅れているだけなのか??


拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/