ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[313] [312] [311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303]
バンコックの安宿?にて、朝の4時すぎに起床、8時前のフライトに乗る。バンコックとデリーの時差は2時間、約4時間のフライトで、デリーに10時頃に到着、これまでは快調

ロンドンから、やってくる今回の「旅の相棒」は、15年来の仕事仲間、「パリのアメリカ人」ではなく、「ロンドンのインド人」。今回は、彼と彼が1年前位に始めたインドのオフィスの視察と今後のビジネス展開の相談。が、ロンドンからのフライトが遅れて、空港をでるのは、午後2時過ぎ。

さて、今回のドライブは、デリーの空港から、そのオフィスのあるチャンディーガルまでの240kmあまり、

●    インドのハイウェーは、歩く人波、3人乗りの自転車、2人乗ったバイク、10人も乗ったオート三輪、大型トラック、トラクター、果ては、神聖なる牛、までが同居、なんでもありで、危ないことこの上ないし、渋滞もする
●    インドの交通事故での死者は一年で8万人、人口10億人でこの人数は、人口1.2億人で6千人の日本と大した違いがないように思えるのだが、実はクルマの台数は、日本とインドと同じくらい。従って、対クルマ比では、約10倍の死者率
●    2050年には、インドは世界第二の経済規模の予測、因みに、第一位は、中国、第三位は、米国、その時の日本の地位は??
●    公害で、空が霞んでる!!これを解決するには、20年かかる??

なんて、話題で盛り下がりながら、ドライブは5時間、インドで一番きれいな街、チャンディーガルへ、8時ごろ到着。

結して快適でない一日が終わった。ビールでも飲んで寝るか!!

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/