ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
ラジオ体操といえば、夏休みの朝毎日6:30分よりみんなで一緒に、日本国民なら誰もが100回ー1000回くらいは経験している。多分、君が代より、ユーミンよりクワタより、SMAPより体が覚えている、正にこれぞ日本文化。現在のラジオ体操は、1951年リリースとのこと、実施から60余年、殆ど国民全員が知っている歴史を誇る。正にラジオ体操は不滅です。
 
それを始めようと思ったのが今週の始め、月曜にアマゾンでC DプレーヤーとCDを注文し、同日に届き、火曜、水曜、木曜の3日間トライアル。現在の実施率100%。
第一、第二とも約3分、計6分
コンパクトにまとまっているのが良い
一部、分からなくなってU-TUBEで再学習 
毎朝、ラジオ体操
ミーティングの始めにラジオ体操、 ミーティングに遅れたら、罰としてラジオ体操
● タバコの代わりにラジオ体操
仕事の納期に遅れたらラジオ体操
 
アイデアは、頭を駆け巡る。が、体に良い事は疑いない。
どうやって、使ってやろうか??

拍手[2回]

訳あって、今回の出張は成田までタクシーという羽目になった。成田は都内から出かけると少々遠く、クルマででかけ、成田に駐車する事にしてからそれが気にならなくなった。(一泊500円が相場)むしろ、羽田か成田かの選択があったときは、成田の方が好ましく思うこの頃である。

さて、その帰りのタクシードライバーとの会話
成田空港からタクシーに乗る乗客は一日100人程度 (すごく少ない)
5時30分か10時から乗客を待つ
殆どは一日待って乗車が一回、日によってはゼロ(月に2回程度)、上手くいけば2回(月に6回程度)
出来高払いで、収入の50%程度が手取り、年収で350万円程度、普通のタクシーよりは良いと思う
待合所で運転手が待機、待機中は何もする事がない。将棋か本を読む
 
むむむ、何たる無駄。70%程度の時間をただ待つだけに使っている。殆ど、犯罪??我が国日本は、人材の高度化、国際化がテーマ。

この時間と人材を使って、私なら
ネットを使って人材を教育・高度化、タクシー運ら転手が5年後には、みんなが英語ぺらぺら
ウェブ制作を覚えてタクシー待機所からネットベンチャー
日本から世界へ、FEDEXの日本版、ヤマトや佐川が世界制覇
タクシーから海外ビジターのサポート業務へ多角化。観光からビジネスまで
 
人材の高度化、グローバル化は、こんな事から始めても良い??
 

拍手[4回]

今年の展示会は、猫も杓子も(日本も韓国も中国も)、4k、パッドとテレビとクラウドの連携、
 
●    クオルコムの半導体を買ってきて、グーグルのOSを使っえば
●    アプリは大漁に付いて来る
●    後は、組み立てて売るだけ
 
●    テレビの基礎は、日本のメーカーを首になった爺さんを連れてきて教えて貰えば良い
●    研究開発は、やるだけ無駄、やらなくてもクオルコムやグーグルが持ってきてくれる
 
そうこの業界のルール?ソニーやパナソニック、シャープが大赤字になるのも無理はない。
 
研究開発だの差別化などと言っていないで、さっさと諦めて、固定費(人件費)を90%位減らして、スピード、価格、数量で勝負するのが業界の新ルール??

そう、パナソニックやソニーやシャープの日本メーカーは、サムソンやLG、ハイアールやハイセンスなどではなく、グーグルやクオルコム、アップルと競争しなければいけないんだ。何よりもこれらの企業の時価総額がそれを代弁してる。

 

拍手[0回]

SMAPの東京ドームコンサート、5夜連続で、一回で5万5000人の観客、5夜で約27万人という計算になる。今回のコンサートは、21公演で約100万人を動員するそうだ。
 
一方、昨夜見たのは、NHK交響楽団の北京公演(のテレビ中継のビデオ)、観客2000人と説明していた。出し物は、チャイコフスキーの交響曲5番、素晴らしい。
 
片や5人の若者(オジサン??)、片や人格も教養もありそうな40-50人の楽団員、「経済」という観点からすると、
一晩で5人で5万人を集めるSMAPと40人で2000人では、効率が250倍ほど違う。共通点は、N響もSMAPも一流の選ばれたミュージシャンであること、ユダヤ人の仲間連中が言うのは、クラシックのミュージシャンは最早、努力が(経済的に)報われない職業。
 
翻って、大学は「学問」をする所か「職業訓練」をする所かの議論。私自身も大学で学んだことを社会に出てから一度も使ったことはないし、多くの仲間も同じことを言う。英語、マイクロソフトオフィス、ウェブ制作、プレゼン能力、ディベートこれらは、みんな現代の「職業」で使えるけど、マーケッティング理論、英文学、フーリエ関数、どれも社会に出て使い道は少ない。だけど、日本で一番「優秀」な、学生が人生で一番高価な時間を使って、使い道のない「学問」にエネルギーを費やし、それが変わる気配もないし、そんなものに価値を見出す。
 
日本の大学教育は、「無駄な効率の悪い」クラシック音楽の演奏家を創り出すに似ている??東京藝術大学が、SMAPの創り方を学べばこれは、「実学」?? 通常の「一流大学」の学部でも、エクセルやパワーポイント、アドビに英語、ディベートにプレゼン、少なくとも、そんな「実学」を学ぶ選択肢があっても良い??
 

拍手[3回]

また一人、イスラエルの近しい友人が「離婚」していることが解った。
彼は、65歳過ぎ、多くの子育てを終えたカップルが離婚しているが、現在の私の知る限り最長老、結婚期間44年を持って終了とのこと。

「66歳で離婚だって、俺が聞いたうちでは一番年寄りだね」
「ハ、ハ、ハ、もっと凄いのがイスラエルにはいるよ。夫婦とも95歳で離婚した」
「本当かよ、なんのために??」
「理由は、俺たちと同じだよ。自由が欲しかっただけ。タイミングが違うだけだよ。」「子供が自立するまで待って離婚、両親が死んでから離婚、これは当たり前、95歳のこの夫婦、なんでここまでまで待ったと思う??」

「子供が死んでからのタイミングで離婚したんだって」

な、なんとも、スケールがデカイ!!!!




拍手[0回]

カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/