ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
テレビはリアルタイムで殆ど見ない。レコーダーに溜め込んだ番組を含めても週に数時間程度、
その大部分は、週末に溜め込んだビデオを見る生活。
 
先週の週末は、テレ朝の「相棒」を4話も続けて見てしまった。
 
●    犯罪を解決していくプロセス
●    関連情報の入手、文献、証拠、対面でのヒアリング、同じ事象を見ても観点が違う
●    豊富な知識、分析力、創造力、それらを結付けていく思考
●    仮説とその検証
●    相手をインターアクティブに追い詰めるストーリーの展開
●    自身の自信、覚悟、倫理、アイデンティティー
 
情報を入手し、分析し、仮説を立て、行動する、このプロセスってどのビジネスも同じ、情報の感度を上げる、情報を多角的に捉える、情報入手の方法(聞く、読む、見る、感じる)、仮説を立てる、検証する、なんて、教育が大学なんかであっても良さそうな気がするのだが、
 
 

拍手[0回]

会社のオフィスマネージャーの募集をかけた。まずは、お金のかからない(もっと正確にいえば、国家予算で賄われている)ハローワークで求 人した。何と、一週間で30件にも達する応募があった。
 
履歴書を覗いてみれば、50代くらいの年齢で誰でも知っている大手企業や外資系の正社員で高かった頃は800万円とか1000万円とかの年収の方々が結構混じっている。一方、募集したのは、年収で 300-400万円の範囲、なるほど、これが現在の日本の実情。
 
晩飯に近くの中華料理屋に行ったら、何時もの顔が見えない。事情を聞いたら、フロアー係だけで、3名解雇になり、新しい人達を雇いいれた、と のこと。雇用期間が長くて、年齢がいって、給与の高い従業員は「クビ」にして、若くて、給与が安くて、純粋でエネルギーのある人を雇替えする。なるほど、これが日本の現実。
 
これは、正義はあるのか、正しく調整されているのか、致し方ないのか、これが続けば、日本全体としてどうなる??
 

拍手[3回]

最近は、当社も少し忙しくなって、ブログを書く余裕があまりない。勢い、オフィスでの滞留時間も長くなって、週に3-4日は泊まってしまうこの頃、久しぶりの連休の中日は、例によって半分仕事、半分遊びのオフィス暮らし!!誰もいないオフィスは、それなりに快適だ。
 
先週、何故か見ていなかった、シドニー・ポアチエの「招かれざる客」を自宅のパソコンで観て感激(少なくとも2時間もある映画を最初から最後まで一気通貫でウトウトしなくて観るのは稀)、黒人知性派俳優のDVDをアマゾンで買い込んだ。
 
●    120インチのプロジェクターで、
●    片方100kgのスピーカーで、後方からも音を出し
●    結構、大音量で、
●    誰にも邪魔されず
●    薄いバーボンを片手に
 
見た映画は、デンゼル・ワシントン の「フィラデルフィア」と「グローリー」の2本立て、この頃は、名作と呼ばれる映画が1000円もしないで売っている。
 
この生活、定着しそうな気も!!
 

拍手[1回]

先週の民主党、野田首相も小沢一郎も、いよいよ覚悟の様子。
 
小沢一派も、このまま民社党にいても、選挙で勝てる筈もなく、多分、党を割るしか政治家で居続けられる可能性はない?
野田一派も、ここまで支持率が落ちると、いちかばちかの可能性を追うしかない?
いよいよ、民主党、多分、分裂する。
 
子ども手当、高速道路無料化、公立高校無料化、消費税率上げなし、などなど、民主党、いろいろと出来もしないことを公約してくれた。
そして、選挙に勝って、その反動が今来ている??
 
この野田首相の覚悟で、自民と民主の大連合ができて、TPPも円高も、年金も、原発も、そして、成長戦略も「覚悟のできた現実の問題を解決する政治」の元に
「戦える日本」が実現する。
 
こんな「夢」を観てはいけないのかね??

しかし、投票の47%が、60歳以上の「お年寄り」の国、ひょっとすると、小沢さんは、この層から支持を受けるバラマキ政策で、「国民の支持」を得るかも、「民主主義」は、正義か??

 

拍手[2回]

先週は、久しぶりにワイアレスジャパンに出かける。1995年が最初の開催というから、アナログからデジタル、音声からデータ、i-modeからスマートフォン、3Gで日本のケータイが世界一の時代から、スマホでグローバルに負けるまで、殆どのケータイの時代を見てきていることになる。
 
●    会場は、多分全盛期の半分か三分の一の規模
●    ソニーもパナソニックもシャープもいない
●    富士通も日立も東芝もいない
●    アップルもグーグルもマイクロソフトもいない
 
家電メーカーがいないのは、リストラでそれどころではない性?、総合電気がいないのは、モバイル市場のプライオリテーが低い性??、グローバルの企業がいないのは、日本市場の戦略的地位の低下の性???
 
昔なら、2-3時間歩き回って、歩き疲れて全部見るのを諦めたのが、今年は、一時間も歩いて全会場制覇、
いや、何といってよいものやら!!!

拍手[0回]

カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/