ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
東北大震災の後の最初のブームは、「節電」、当社も便乗とLEDの第一波の使用を開始したところ。 先週はこのブームに乗り、LEDに4-5万円を投資した。実感は、

● LEDは、「力弱い」 (明るくない)
● 品揃えも、まだ不十分 (60W相当くらいまでしかない)
● ダウンライトなど、スタンドが真下を向いていないといけない
● 色温度が違って、今までと異なった色に見える

とはいえ、電灯と比べれば、十分の一程度の消費電力。これが魅力!!

後2-3年もすると、LED照明が当たり前になって、蛍光灯や電球はレガシーとなる勢い。 この際、節電ブームで、日本の灯りが、世界をリードして、すべてLEDになる。

少なくとも、照明だけは、暗くなる日本、未来だけは明るく愉快に行こう!!

拍手[0回]

ゴールデンウィークの最終の3日間をかけて、インターン希望の大学生諸君と話をした。

●    VCのマネージャーになりたい
●    企画、ビジネス開発をやりたい
●    マーケッティングをやりたい

希望も夢も結構、だけど、それに到るプロセスをどう設計するか。現場を知らなくては、マーケッティングもできないし、VCのマネージャーなどなりようがない。世界の常識では、テクノロジーが判らないと、仕事が勤まる場所(ファイナンスだけが例外??)がない。

一方、シリコンバレーでは、インド人、ユダヤ人、中国人、ベトナム人、ロシア人、皆、エンジニアから始めて、着実に力を付けて階段を上り、あと一世代も経てば、「アメリカ人」(所謂WASPSのアメリカ人)など、居なくなってしまうんではとの印象。

●    英語もできて当たり前
●    グローバルのマインドもあってあたりまえ
●  その上、ハングリーで勤勉で、ソフトウェア開発の達人

グローバルベンチャーの中心になる連中は、こんな感じ

それに比べると日本人は、

●  日本の市場に甘えて(たかって)生きる
●    基本のエンジニア(下働き)をしない
●  日本人であることを除くと、ほとんど価値がない
●    上記は、俺も同じか、との反省

そして、質問は、「世界のベンチャービジネスで、あなたの価値は何ですか??」、「何を目ざしますか
答えは、勿論ない。日本のマーケットが、このまま衰退したら、我等日本人の普遍的な価値は何か??

グローバルの価値を身につけ、グローバルの人間になるのは、なかなか厳しい。むしろ、自国の貧しい(貧しかった)、インド人や中国人が、グローバルの価値を身につけている。

拍手[0回]

もう一つ、腹立たしかったのがIVR(Interactive voice response・音声自動応答装置)の傲慢さ、大手のホテル、エアライン、レンタカー会社、これらのヘルプデスクは、全米で一つの電話番号でやっているのが通例。

電話をすると、「Welcome!!」とは言いつつ、「この場合は1を、この場合は2を、この場合は3を、、押せ」と連呼して、オペレータに繋げるのだが、間に企業メッセージやら、ディスクレーマーやらが入ってやたらに時間が掛かる。更に「オペレーターに繋げます」のアナウンスの後に、延々と待たされる。

こっちは、ケータイやらグローバルローミングの値段の高い回線で掛けているのに、クソ!! その挙句にオペレーターに繋がると、「それは担当でないから」とたらい回し、腹の立つことこの上ない。永久に解決しない悪い予感!!

どうせ、インドかどこかの労賃の安いところにコールセンターを創ってやっていて、高くは給与を払わないのだろう、オペレーターの質も悪い。何が、顧客満足だ、クソ!!

ま、やっている本人に怒っても仕方がないのだが、USのデカイ企業はみなこんな傾向を持つ。

日本では、優しいお姉さまが(オバサンもいるかもしれないが)、肉声で答えてくれて、親切で、テキパキしていてまこと気持ち良い。

日本文化と呼べるのか、はたまた、単に遅れているだけなのか??


拍手[0回]

実は、シリコンバレーの出張が延びてしまって、もともとが土曜帰りだったのが、早くても次の火曜と3日間以上も延びる予定となった。

ホテルの部屋の確保、フライトのキャンセル、成田の駐車場への連絡、会社・家族への連絡、レンタカー会社への連絡、来週の日本でのアポの キャンセル、もろもろで10アクション程度を必要とする。下手な秘書なら一日仕事??

その中の一つが、着るものの確保、パンツ、シャツ、靴下、ワイシャツは日程分しか持ってきていない。当然、現地で調達するとになる。ホテ ルの洗濯代をチェックすると、ワンアイテム約5ドル、3日間分、4アイテムを洗濯すると、約60-70ドルとなる(ちょっと高い よ!)、洗濯に時間もかかるかも知れないし、

晩飯を食べるついでに近くのお店を覗くと、新品のパンツ、シャツ、靴下が3枚セットで10ドル位、一応ブランド品で、品質もそんなに悪くはなさそう。 思わず、シャツとパンツを買い込む。やはり、新しい下着は、枚数をケチして着るのに比べ気持ちが良い。

さて、「洗濯代の方が新品よりも高い」なんて不思議なことが起こる。恐らく、

●    ホテルのラウンドリーは独占、ホテルもマージンを取る。従って価格競争が働かない
●    一方、小売の方は、在りとあらゆる業態が価格で差別化、競争原理が働いている

次の問題は、出張期間が伸びたホテルの洗濯代であれば、当然、会社経費、然し、新品を買うと個人負担??そのほうが安いのに、もう一つ小さな悩みが増える。

会社負担と個人負担の公正と正義とは??

拍手[0回]

タイトルほど大袈裟ではないが、現在、ソウルです。 3.11の地震と原発の問題で、
● ビジターも誰もこない
● 日本の客先もあまり反応がない
● アポもほとんど入っていない

で、できることは、海外に出かけて新しい案件を探すこと、との理由でやってきました。まあ、もともとの予定ではあったのですが、スギ花粉からの非難も兼ねての韓国>>イスラエルの旅です。

こちらに来る飛行機は、満席、在日韓国人に皆様が、原発の汚染をさけて、こちらに大挙して戻ってきているようで、子供連れの多い。

昨日はソウル泊まりで、ホテルでCNNを見ていたのだが、これがなかなか良い。
● 日本の3.11関連のニュースはトップ扱い
● 天気予報の如く、風向きから放射能汚染の予測を原発を中心に解説
● 食料品の放射能汚染も具体的に数値を示して、例えば、通常の27倍だが安全圏内なんて、解説をする

CNN、日本でももう少しメジャーになると、日本の放送局にも良い意味での影響を与えると思うのだが、

拍手[0回]

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/