ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
本日は敬老の日、61歳の私は敬老を祝ってもらう立場なのか、否、多分、まだまだ青年。
新聞には、100歳以上のお年寄りが5万人、65歳以上が、3000万人との無責任などうしようもない数字が表現されている。私が65歳に達するころは、4000万人に達しているに違いない。これって、日本国民の三分の一、年金も健康保険も、大変な訳だ。
一方、日本の就業率は、50歳代で71%、60-64歳で48%、65-69歳で16%、65歳を過ぎると年金頼りになる様相だ。そして国家は、企業に定年延長を迫る。
日本が世界の最先端を走る「高齢化トライアル」、これで国家も企業も家庭もなりたつはずはない。
日経ビジネスに面白い記事発見。曰く、
隠居ベーション
40歳定年制
10年契約で働く
80歳まで自力で生きる
アラ100
年齢の概念を捨てる
私なら、もう一歩進めて、
10年毎に雇用契約をリフレッシュ、1年はやりたい事を決めて教育
最低賃金法にインターン(年齢に関係ない)を除外
終末治療をしない、安楽死を認める(中高年は安心してお金を使える)
これで、半分以上の問題は解決できる?

拍手[1回]

時間のある週末は、ブックオフで100円の本を買い漁る。昔は、本を何冊jか一万円単位で本を買っていたが、今は、千円単位、これもデフレ経済の為か、賢くなったためか、
 
100円本の中で見つけたのが、勝間和代さんの「インディペンデントな生き方」、ななめ読みしただけだが、ひでじろうの主張と余りにも同じことを言っていて、
 
インディーとは、インディペンデントに生きる女性(男性も含め)のこと。
その特徴は、
 
●    年収600万円以上稼げる
●    自慢できるパートナーがいる
●    年をとるほど、すてきになる
 
ウェンディとは、ピーターパンにでてくるウェンディ、その特徴は、
 
●    将来にわたって経済的に自立する意志なし
●    パートナーがいないか不満
●    美と若さを売りにしている
 
そして、筆者は、インディーになるためには、
 
●    笑う、笑う、笑う
●    がんばらない
●    学び続ける
●  ブログを書く
 
なんてことを言う。そう、人生、楽しみながら自己研鑽、或いは、自己武装、気楽に生きるのが良い!!
思わず、リンクトインで、勝間さんを探す、これもSNSの発達したおかげ!!
 
 

拍手[3回]

今週号の日経ビジネスは、「さ らばデフレ消耗戦」がテーマ、1997年から現在まで経済指標がどう変化したか。
 
●    名目GDPは、523兆円から468兆円に11%減
●    正規雇用者数は、3812万人から3300万人に13%減
●    平均給与額は、467万円から412万円に12%減
●    経済問題での自殺者は、3436人から6406人に倍増
●    国民年金保険料の納付率は、79.6%から59.3%に20ポイント減
●    生活保護の受給世帯は、63万世帯から141万世帯に120%増
●    土地の価格は、45%下落
●    企業の廃業率は、3.2%から6.2%に倍増
 
一方では、
●    現在は、グローバル経済の影響は、賃金の高い国から低い国へ雇用がシフトして、富が平準化の過程
●    少子化、老齢化の最先端を日本が走り、人口オーナスが働く
●    愚衆政治から政府のリーダーシップが無くなり日本国が迷走
 
縮む経済、年金問題、赤字の国債、人口問題、このままでは、それぞれの個人や企業がそれぞれの立場で「国を捨てて」、世界放浪の旅に進むしかなくなる??
誰かこの国をもっと愉快で夢のある国に変えてくれ!!

ということで、日本の課題、「政治のリーダーシップ」に確定

拍手[2回]

本日の日経一面トップは、インフィニティーの販売・マーケッティングの本社機構を香港に移し、米国、中国で生産するとの記事。
 
フランス人トップの日産の企業としての判断は全く正しい。トヨタ、ホンダが低調な中、世界のトップ市場である米国と中国で日産の好調は目立つ。
 
たった100人の話ではあるもの、これを日本、日本人として捉えるとどうなるのか。
 
日本の100人の雇用が失われる
100人とその家族の消費が失われる
● 知識と権限も流出する
 
インフィニティの本社機構、当然、高給の人材、一人1000万円を優に超えるだろう。そして、これは氷山の一角、我々の周りでも今まで高給取りだった職種が万人、10万人単位でに失われた。外資のサラリーマンはバブルの頃の半分以下??
 
一人あたりのGDPは、アジア地域でシンガポール、香港は、はるか彼方、台湾にも追い越された。
 
この国は、どこまで貧乏になる??
いや、それに対する対策を施さないとすれば、、、、

拍手[3回]

誰でも多分金持ちになりたいと思う。お金からの自由は、現代に於いては、いろいろの物が買える。
●    会社が嫌なら、会社を買って好きにすれば良い
●    家族が嫌なら、家族を買えば良い
●    教養が必要なら、大学や研究機関を買えば良い
●    国家が嫌なら、どこかの島を買って、好きにすめば良い
●    世界が嫌なら、いっそ、世界を征服して、自分の好きな世界に変えれば良い

だけど、
●    夜中にスゥエットを着てコンビニに買い物も行けない
●    何時も、セキキュリティを気にしなくてはいけない
●    自分も家族も、誘拐などの危険を伴う
●    顔を知られていて、何処を歩いても、指差される
●    友達は、気を使って誰も寄ってこない
●    寄ってくる奴らは、皆、金目当てに見える
●    何時もうわさされる・メディアに追い回される
●    後は、落ちるだけ

今週号のニューズウィーク、世界のお金持ち(ロシアの石油王、アラブの皇太子、英国のメディア王、などなど)の所有するクルーザーが載っている。
●    数百億もするクルーザー
●    美女を侍らせ
●    世界の有名人と船上のパーティー
●    話題は、世界貢献、世界征服
●    或は、更に金儲け話

資産、X兆円の世界、一体何を考えるやら!!!
考えてみるのも面白い

billonare.JPG

拍手[0回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/