ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [327] [326]
遅ればせながら、「おくりびと」を観た。さすがに、アカデミー賞をもらうだけのことはあって、見ごたえのある映画、3連休の夜中一人で一気に見てしまった。

●   山形の田舎から、チェロ奏者として上京
●   30代の主人公は、オーケストラが閉鎖になり、夢破れて田舎に帰る
●   田舎で職探し、経験がなくても月給50万円の納棺士の職を得る
●   然し、納棺士は、差別される職業、昔の友達や妻に蔑まれる

ここまでは、誰にもありそうなストーリー、現在の経済環境でありそうな状況で、合意できそう。一寸した疑問は、月収50万円がこの時代にオファーされるか。まあ、世間で嫌われるような職であれば、給与は高いのは事実であろうが、全く経験のない主人公に、実際にこんなオファーがあるのかは疑問。

そこで、この主人公、納棺士の仕事に意義を見出す。「あの世に旅立つ人たちの旅立ちのお手伝い」、「こんな綺麗な本人は、これまで観たうちで一番」、こんなコメントを本人以外に言わせる。

主人公もそこに意義を見出す。周りからも認められる。

●   職業に貴賎は無い
●   本気で仕事にあたれば、認められる

こんなメッセージが、この映画に埋め込まれている??この映画のお陰で、納棺士の応募が増え、50万円だった給与が25万円になる??

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Alkmin está ficando
Alkmin está ficando eno;hçadinag...&quotr[Serra] é um ótimo candidato, preparado e sério".É mesmo????? Puxa, será que o Serra vai agradecer por tamanho reconhecimento? Candidato preparado. É dose.Mariana
Bayle URL 2016/05/18(Wed) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/