ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
先週、恒例の米フォーブス誌の世界のビリオネアランキングのリリースがあった。
●    初めて、世界のビリオネアが1000人を突破した
●    ビルゲイツ氏が3番に落ち、パフェット氏が一位になった、までは、日本でも報道済み、

ひでじろう流に、フォーブスのデータを気の向くままに眺めてみる。

●    インドやロシアの新興勢力が凄い勢いで金持ちになってる
●    テクノロジー系が、後ろに下がり、資源・エネルギー系が伸びてる
●    アメリカ469人、ロシア87人、ドイツ59人、インド53人、中国46人、イギリス35人、トルコ35人、香港26人、そして日本24人
●    トルコは、金持ちになれる国??、日本の世界9位は、実力??、一昔前は、西武の堤さんが世界一の金持ちだったのに
●    一時期は、半分くらい居た日本の消費者金融系のお金持ちがすっかりリストから姿を消した(理由は利子規制)
●    スイスは、国籍では10人足らずなのに、居住国では30人近く居る、勝ち逃げして住むのはスイスが一番ってこと?
●    国籍と居住地が異なるケースが思ったほど多くない。(これからは、もっと増えるよね)

一ドル100円となった今、ビリオネアは、ちょうど1000億円になる。どうやれば、ビリオネアになれるか、フォーブスのデータに聞いてみることにしよう・・・

拍手[1回]

 「ーーの品格」シリーズが流行のようだ。私の周りに転がっているだけで、「国家の品格」、「女性の品格」、アマゾンで「ーーの品格」を検索してみると、「男の品格」、「会社の品格」、「企業の品格」、「日本人の品格」、「親の品格」、「こどもの品格」、そして、「ハケンの品格」、、、
 
● 資本主義の勝利は幻想 ● 情緒の文明を誇れ ● 英語より国語と漢字 ● 論理の限界を知る ● 卑怯を憎む心、惻隠の情の大切さ ● 跪く心を忘れない ● 武士道精神の復興を ● 古典を読め ● 家族愛、郷土愛、祖国愛、人類愛 ● 国際貢献など不要 ● 重要なのは、文学と芸術と数学 ● 真のエリートを求める

上記は、「国家の品格」のキャッチコピー、読んでいて日本人心を擽り、気持ち良い。同時に、「本当かよ??」とも思ってしまう。
 
ここには「現実の議論、お金、国際競争環境」の議論が存在していない。我々の生きている日本の21世紀は、グローバル資本主義の真っ只中、「お金と品格」というテーマが本来最初にあるべきタイトルの様に思えるのだが、それを無視して、「武士は食わねど、高楊枝」的議論に終始し。なんか、江戸時代末期の「尊皇攘夷」に似ている???

ほんのタイトルだけで売ろうという「品格にかける戦略」見え見えなのだが、それに反応して買う消費者がいるのだから、仕方ない??

拍手[0回]

野球界
 
買ったことの無い週間ベースボールなんて雑誌を駅の売店で買った。
 
●    日本のプロ野球の球団の登録選手は、60-69人、全部で、737人
●    日本のプロ野球の球団の年棒総額は、15億円から、53億円
●    日本選手の最高年棒は、5億5000万円、最低年棒は、450万円
●    2億円以上が、24人、1億円以上が69人、中間値が1200万円
 
●    大リーグの総収入は、6800億円(因みに、この10年で5倍増)
●    大リーグの最高年棒は、30億円
●    日本人選手は、イチローが20億円、松井が14億円、福留が13億円
 
水が低いほうに流れる如く、人は、お金のある方に流れる? 野球選手、相撲取りも技術者も経営者も、、、

拍手[0回]

海外に出る時は、新書を5-6冊成田で買って出かける。何せ、大きな新刊書は重い。その中で、「一万円の世界地図」という佐藤 拓氏のお書きになった本が今回の一冊。
 
●    日本は貧乏になったが、世界10番目くらいの豊かさはある
●    他のアジア諸国に、ぼつぼつ抜かれるけど
 
が、取り合えずの概況。然し、面白いというか、なるほどと思ったのは、イギリスの社会心理学者の調査「世界幸福マップ」によれば、日本は世界90位との評価
 
●    幸福度の世界ランキングは、デンマーク、スイス、オーストリア、アイスランド、バハマ、フィンランド、スウェーデン、ブータン、ブルネイ、カナダ
●    23位がアメリカ、35位がドイツ、41位がイギリス、62位がフランス、82位が中国で、90位が日本
●    なんと、日本では、現在の暮らしに満足が3.6%、まあ満足が35%でその割合が年々減少している
 
●    30台のサラリーマンの働きすぎ
●    多い自殺者    (人口比で世界10位だそうです)
●    ウサギ小屋の住環境
●    少子化、晩婚、非婚、離婚
●    現役世代から老後の心配
 
などと、氏は要因を分析するが、私の見解はちょっと違う。日本人の問題は、
 
●    豊かさ(お金)への倒錯した感覚、その割りに見栄を張る
●    愉しむことに価値を見出さない、大らかさがない
●    家族が崩壊している
●    仕事が崩壊している
●    幸福になることを目指さない、自分自身の戦略がない
●    几帳面すぎる
 
もっと、楽しいこと、好きなこと、愉快なこと、気持ちの良いこと、小さな幸せを見つけること、あると思うけど、

拍手[0回]

3連休の週末は、気のあった仲間と、好きな音楽、久しぶりに持ってきたLPレコードをランダムに聞き込む。35年前のスピーカーに、20年前の真空管アンプ、昔はお金を使ったが、今は、何も買ってない。
LPは、田舎の家に置いてあったのを、このところ200枚ほど、持ってきた。20年ぶりの自分のLPコレクション。
 
イーグルス、ブラザーズ・フォー、オーネット・コールマン、ソニー・ロリンズ、ディジー・ガレスビー、スターウォーズ・サントラ、尺八名曲、ローランド・ハナ、ポール・ウィリアムズ、ボストン、竹内まりや、、、
 
イーグルス              こんなにタルかったっけ?
ブラフォー               録音結構良いじゃん
ロリンズ                 やっぱり豪快、サイドマンのマイルスも珠玉
ガレスビー              ジャムセッションはやっぱ50年代のカルチャー、本当に楽しんでるよね
尺八                     なんでこんなに良い音楽が、売れない、
ローランドハナ         ピアノ一本で、こんなにスウィングする、スゲー
 
どの一枚も、昔の記憶が甦る。最後は、ザ・ピーナッツさよならコンサート!!

拍手[0回]

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/