ひでじろうは、私の祖父の営んできた会社、加藤秀次郎商店から取った私のペンネーム、この10年ほど使っている。私は、海外と蜜に接するジャパン21の代表をこの13年間務めている。その分、普通の日本人と異なる部分と、それ故に日本を愛する部分が交錯していると自覚している。日常の生活から、感性の趣くまま、とりあえずブログなる手段を通じて、書いてみようと思う
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
生憎、いつもの海岸よりのホテルに部屋がなく、昨日、本日とエルサレムに泊まっています。
この3ヶ月程のマイブームは、もちろん、ラジオ体操。

ラジオ体操は日本の文化、ラジオ体操は日本の誇り

との思いで、毎朝のラジオ体操を敢行、ただし、音はユーチューブのビデオ。ホテルのWifiは、帯域が十分でなく、途中で止まったり、また動いたり、

馬鹿にするんじゃない。ひでじろうは、ラジオ体操の音楽を頭の中で響かせ、それにシンクロして踊れる!!

それにしても、聖地でのラジオ体操、過去に行った人がいるだろうか??
聖地最初のラジオ体操も誇り!!

拍手[1回]

世の中では、家庭麻雀と賭け麻雀が存在する。

家庭麻雀は、どんなに上手くなっても所詮お遊び、役造りに専念したりして、勝ち負けよりも人を驚かせる・楽しませることにプライオリティー。

賭け麻雀は、勝ち負けが勝負。掛け金が大きくなれば、生活へのインパクトも大きい。学生時代には、学費を使い込んで(負けが混んで)しまった奴も沢山いた。当たり前の話しながら、勝つことにプライオリティー。

家庭麻雀はどんなに上手くなっても、所詮、賭け麻雀に勝てる訳もない。上手くなるスピードも真剣さも違う。

海外のハイテクベンチャーの連中はというと、会社を創業し、お金を集め、EXITすることが宿命。創業者は個人の時間もお金も、事業に「賭ける」。明らかに賭け麻雀。

では、日本の終身雇用のサラリーマンはどうかと言うと、多くは家庭麻雀をやっている気がして仕方がない。

そう、必死でアクションして、成果を出して、事業を成立させる気概がない??サラリーマンは、所詮、責任の取りようもないし、成果を共有する仕組みも十分ではない。勢い、表向きの格好や社内政治にプライオリティーを置き、「本質である勝つビジネス」を忘れてしまっている感がある。

そうすると、勝てる訳がないことになるのだが、

拍手[1回]

代官山の駅から30秒のところに大阪王将が今月オープンした。
綺麗なオジョウサマの2人連れ、カップル、平均年齢も若く、店舗も新しい。
普通の王将とは、違った景色。

酢豚、チャーハン、レバニラ炒め、マーボ豆腐、ご飯とスープ、それに餃子までついて、
定食で1000円以下で食べられる。ビールをつけても1500円以下。

恵比寿;代官山地域、実は2000円程度で晩飯が食べられる店が少ない。

富士そば、日高屋、松屋、吉野家は、500-1000円だが、ちと寂しい。

通常のレストランは、4000-5000円が中心的な一人当たりの単価。普通の晩飯には少し高いし、一人で行くのも億劫で時間もかかる。

これは良い。週平均1.5回位は通いそうな気分。

そして、4000-5000円の個人経営のレストランが閑古鳥が鳴くのか、或いは、撃退されるのか。

何れにせよ、当地での競争は厳しい

拍手[1回]

良くいジムには体育舘フロアーがあり体操のマット、平均台、跳馬などの設備があり、小学生位の男女がプロの先生にコーチを受けがなら飛んだりはねたり、レベルも十分に高い。
なるほど、これで日本の体操、水泳が世界に通用するようになったのか。

1964年の東京オリンピックは、スポーツは「根性」が支配、大松監督の東洋の魔女がその典型的モデル、必死で根性を込めて気合で没頭。悲壮で悲しい。

なぜか成功している、現在の体操、水泳選手はというと、好奇心、楽しみでがんばる。目指す選手がいて、仲間がいて、ライバルがいて。悲惨さはない。スポーツジムのインフラがこれをサポートする。

さて、体操、水泳以外に当てはめ、もっと日本に金メダルをとすると、
● フェンシングは、良いかも、ヒーローを作ることが必要
● 柔道は、やっぱ指導者が古い??新しい指導者がいて、もっと清潔にすれば
● ヨットだって、18歳くらいのスマートな戸塚ヨットスクールを創れば
● 射撃は、もっと年寄りでもできるかも
● バスケは、身長の差がありすぎてだめか

才能のある、やる気のある、各競技ごとにエリートを集め、良いコーチと環境を与え、競争心を煽る、これがメダルへの当たり前の秘策

拍手[5回]

ラジオ体操といえば、夏休みの朝毎日6:30分よりみんなで一緒に、日本国民なら誰もが100回ー1000回くらいは経験している。多分、君が代より、ユーミンよりクワタより、SMAPより体が覚えている、正にこれぞ日本文化。現在のラジオ体操は、1951年リリースとのこと、実施から60余年、殆ど国民全員が知っている歴史を誇る。正にラジオ体操は不滅です。
 
それを始めようと思ったのが今週の始め、月曜にアマゾンでC DプレーヤーとCDを注文し、同日に届き、火曜、水曜、木曜の3日間トライアル。現在の実施率100%。
第一、第二とも約3分、計6分
コンパクトにまとまっているのが良い
一部、分からなくなってU-TUBEで再学習 
毎朝、ラジオ体操
ミーティングの始めにラジオ体操、 ミーティングに遅れたら、罰としてラジオ体操
● タバコの代わりにラジオ体操
仕事の納期に遅れたらラジオ体操
 
アイデアは、頭を駆け巡る。が、体に良い事は疑いない。
どうやって、使ってやろうか??

拍手[2回]

カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
プロフィール
HN:
ひでじろう
年齢:
67
性別:
男性
誕生日:
1951/04/08
自己紹介:
連絡先: hidejiro@japan21.co.jp
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © ひでじろうブログ All Rights Reserved
/