神戸ではたらく中年エンジニアのブログ

震災後に神戸で働きだしたジジイです。DBシステム、プログラムに機械装置、なんでも作ります。

「怪しい来客簿」色川武大

イメージ 1

彼岸と此岸(しがん)を行き来する、「怪しい来客」たち。筆者はその間の世界で、彼等の声を聞き、やがてはそこに仲間入りするであろう、自分の姿を見ます。
たいていの人にとって、死というのはやはりこわいものだと思うのですが、その「死」に、いつも近いところにいる人たちがいます。このエッセイというか短編集では、死に向かって進んでいく人達が書かれていて、さらには筆者自体までをその人達に投影して、人生を別の次元から見ているような文章です。虚飾もなにもない、じつに「すごみ」のある文章です。
さて、有名な話ですが、この作者、実は阿佐田哲也でもあるんです。この「すごみ」は、彼の勝負世界から培ったものなのでしょうね。久しぶりに彼の代表作、「麻雀放浪記」を読み返してみたくなりました。

ちなみに、泉鏡花文学賞の作品です。なんか渋い。